産み分けは体に負担がかかるの?

MENU

産み分けは体に負担がかかるの?

産み分けからくる負担を回避するには?

子供の産み分け方法はさまざまな選択肢があります。
それぞれに特徴がありますが、できるだけ体に負担のかからない方法を選択したいものですよね。

 

体に負担がかからず、精神的にも負担にならない方法が実践できると、子供を待つ夫婦にとっても苦悩の時間がありません。
ですから、産み分けは

  • 体に負担がかからない方法を学び
  • 夫婦でともに目標に向かって歩むこと

上記が重要になってきます。
ここでは、いくつかの産み分け方法を分析し、体への負担についてを説明します。

 

医療機関で行う子供の産み分け

医療機関では、生活指導を含めて、子供の産み分けを行うための支援を行ってくれます。
経済的負担という面ではかなりデメリットに感じられるかもしれません。
不妊治療を含めて相談を行っている場合には、かなりの長い期間フォローして貰うことになるケースもあるでしょう。
ですから、子供の産み分けを行うための体の負担はかなり大きくなってしまいがち。
それに、医療機関でフォローを受けたとしても、必ず産み分けられるわけではありません。
過度な期待を抱いていると、希望に沿うことができなかった時の喪失感が大きくなってしまう可能性があるのです。

 

ただ、健康面に配慮して夫婦のメンタルサポートも行ってくれるので、体の負担は大きくなっても心理的な面で不安を抱いたまま妊娠の向かうことが少ないこと。
これが医療機関で行う男の子女の子産み分けの魅力とされています。

 

ハローベビーを使用した子供の産み分け

女性が配慮すべき部分をしっかり把握していれば、体に負担を感じることなく産み分けが期待できるのがハローベビーです。
日本製ということもあり、天然成分を使用して膣内のph値をコントロールしてくれるので、使い勝手に対する評価も高いアイテムです。

 

海外製の産み分けアイテムも存在しますが、内容成分が不明だったりと、安全面に疑問がわくことがあります。
ハローベビーを使用すればこの安全面・衛生面では心配がかなり少なくなるのがメリットです。

 

さらには、

ハローベビーボーイでは男の子の産み分け

ハローベビーガールでは女の子の産み分け

といったように、希望の性別をはじめから選択して妊活ができるのです。
性行為に合わせて使うだけというスタンスなので、体への負担もないのが嬉しいポイントですね。

産み分けは体に負担がかかるの?関連ページ

産み分けは何故注目されるようになった?子供の健康を考える
産み分け女の子産み分け男の子絶対的コツラボでは、男女産み分けしたい!と考えている方に成功率の高いコツを教えちゃいます♪排卵日の対策方法など、コツを知っておけば簡単に産み分けができちゃいます。念願の男の子・女の子が欲しい!という夢も叶います。