最近の妊活事情とは?

MENU

最近の妊活事情とは?

近頃の妊活

最近は芸能人が妊活のために活動を休むということが普及してきています。
一昔前はあえて宣言をしなくても、自然にお子さんを授かり休業するというのが多かったのではないでしょうか。
このように妊活を公表するということは、どのような背景があるのでしょうか。
この事には、日本の結婚事情が関係しているようです。

不妊治療と女性の社会進出

皆さんもご存知のように、最近では「妊活」というキーワードはとてもポピュラーなものとなっています。
この背景には、多くのカップルが不妊に悩んでいることが関係してます。
5組もしくは6組に1組のカップルが不妊治療を行ったことがあるとされているほど、妊娠できないという現実が妊活の流行のもととなっているんです。

 

妊娠がなかなかできない理由は、女性の社会進出が増えたことによる晩婚化が原因とされています。
このサイトでも紹介しているように男女ともに年齢を重ねるごとに、妊娠しにくい環境は加速していきます。
精子や卵子も老化するので、どうしても子供を授かるという点にも影響を与えてしまうんですね…。

芸能人が妊活する理由とは?

芸能人は一般の方々が思っている以上にハードな毎日を送っています。
特に、テレビでよく見かけるようなタレントさん・モデルさん・俳優さんは、かなりタイトなスケジュールをこなしていることが多いそう。
私の友人でも、TVや映画などの映像関係の仕事をしている子は本当に大変そうです…。
その状況で妊娠をするということは、健康面にも大きなリスクを与えますよね。

 

芸能活動を続けながら妊娠するということは、生活リズムの乱れから体調不良に陥ってしまったり、流産してしまうということも少なくありません。
実際に、妊娠したのちに流産を経験する芸能人は後を絶たないとも言われているそうです。

 

男の子の産み分けを行いたいという希望や女の子の産み分けを行いたい以前に、健やかな状態で子供を授かるために、皆さん妊活宣言をして芸能活動をお休みするのです。
このことによって、一般的にも妊活というキーワードが浸透するようになったとも言えます。
いろいろな方が妊活に取り組む宣言をしやすくなったとも言えますね。

世界の妊活事情紹介!

では、日本以外の国の方々は妊活を行ったりしているのでしょうか?
また国によっても妊活に対する事情は大きく異なるようです。
中国やアメリカの妊活事情を調べてみました!

中国ではどんな妊活が行われている?

中国と言えば、「一人っ子政策」という言葉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
この政策は、1組の夫婦が持てる子供の数を1人までと制限することで、中国国内の爆発的な人口増加を抑えようとしたものです。
しかし近年、この政策によって少子高齢化や労働力の不足といった社会問題が深刻化したことから廃止され、すべての夫婦が2人目を持つことができるようになりました。
それに伴い、中国でも妊活や不妊治療の認知度が伸びているんですね。

どんな手段がメジャー?

中国では不妊治療に対する関心と需要が高まっており、女性だけでなく男性も積極的に受診し、治療を行っています。
主な治療法は日本と同様の治療法で、

  1. タイミング法
  2. 人工授精
  3. 体外受精

などなど。
中でもメジャーな方法になりつつあるのが、「体外受精」です。
中国の体外受精の成功率は40〜45%と高い一方で、高額な費用がかかります。
また、規制や施設の認可も厳しいので実施している病院はそう多くはありません。
そのため、金銭的に余裕のある富裕層のご家族が利用者の中心となっているようです。
また、規制の緩い海外に渡航して体外受精を行うケースもあります。

鍼や漢方のよる治療も!

これらの他に、中国で根強い人気を誇っているのが漢方薬や鍼による治療法。
特に精子が少ない・動きが悪いといった、男性不妊の症状には漢方薬による治療が高い効果を発揮すると言われています。
女性は月経で失われた血液を薬で補ったり、お灸で下腹部を温め胃腸をはじめとする内臓の働きをよくすることもあります。
また、さらに高度な不妊治療も存在しています。
その治療法は、漢方薬で体調を整えながら排卵促進剤の使用や体外受精を行うといった治療法!
中国医学と西洋医学を併用する、現代の中国ならではの不妊治療と言えそうです。

高度な不妊治療があっても受けられる人は少ない…

このように、中国では有効的で高度な不妊治療がいくつか行われているものの、それを受けられる人は多くないようです。
一人っ子政策は廃止されましたが、不妊治療についてはまだ基盤が整っておらず、未だに厳しい管理・規制も行われています。
また長年続いた政策の廃止に戸惑いや反発を見せる人々も多いそう。
助成金や保険など妊活・不妊治療を補助する政策も不十分であるため、子供を持つこと自体に前向きな姿勢をとれない方が居ても不思議ではありません。
日本も不妊治療や妊活に対する補助はそこまであつくないので、共感しちゃいますよね…。

 

中国の産み分けグッズと言えば!

中国における妊活グッズの代表的なものには、一番最初のページで紹介した「中国式産み分けカレンダー」というものがあります。
産み分けに興味を持たれている方の中には、ご存知の方もいるかもしれませんね。
これは、受胎日と数え年を用いて生まれてくる子供の性別を予想できるというもの。
中国のみならず世界中で産み分けを考えている人々の参考にされています。

 

>>中国式カレンダーも紹介している【産み分けを正確に行うためには?】の記事をよむ

アメリカではどんな妊活が行われている?

世界トップクラスの先進国であるアメリカは、不妊治療の先進国であることでも有名!
日本と同様に高齢出産が増加しており、それに伴い不妊治療への需要が高まっているのがその理由の一つだとされています。

アメリカの不妊治療はどんな感じ?

アメリカで一般的に行われている不妊治療はタイミング法や人工授精など。
こちらも基本的には日本の不妊治療とほぼ同じです。
ただし、治療の期間や薬剤の種類などわずかな差異は存在し、日本では認められていない薬剤が使われることもあります。
また卵子ドナーや精子ドナーといった治療も行われており、不妊治療の全体的な成功率も高くなっています。

 

アメリカと言えば代理出産!

アメリカの不妊治療を語る上で欠かすことのできないのが、「代理母出産」。
代理出産という略称でも知られるこの方法は、不妊の女性が体外受精させた受精卵を別の女性(代理母)の子宮に着床させるなどして、自分の代わりに赤ちゃんを産んでもらうというものです。
不妊治療の最終手段とも言われており、文化や法律など様々な分野において議論の対象となっています。
実は、アメリカは一部の州に限定されるとはいえ、有償での代理母出産を法的に認めている唯一の先進国なのです。
特にカリフォルニア州では、代理母出産に関する法整備が最も整えられています。
正式な手続きを行うことで出生証明書が発行されれば、代理母に産んでもらった子供を実子とすることが可能です。

 

このように、日本では認められていない方法も含め多種多様な不妊治療が行われているアメリカ。
その実態は合理的な側面も強いです。
それぞれの病院の成績を公表する制度があるため、中には患者さんの事よりも成果を出す事にこだわる病院もあるようです。
成果の出にくい方法は最初から行わないということも珍しくありませんので、病院選びにも注意が必要です。

 

アメリカの不妊治療でかかるお金とは?

アメリカは不妊治療が最先端である一方で、それにかかる費用が高くなっています。
日本でも不妊治療は高額だと言われていますが、アメリカではその数倍の費用がかかるとされているんです!
例えば、

  • 人工授精なら1回につきおよそ500ドル〜1000ドル
  • 体外受精なら1回につきおよそ12000ドル〜17000ドル

ほどの費用が必要です。
さらに、複数回行うことや検査料などもかかることを考えると、実際の費用はさらにかさみます…。
アメリカでは不妊治療に対する国からの保険はないので、自分で保険を選んで加入しなければなりません。
また、各州が独自の州法を持つのが連邦国家であるアメリカの特徴。
同じ国でありながら、州によって不妊治療及びその保険に対する対応は大きく異なる場合もあります。
例えば、マサチューセッツ州では、法律によって医療保険に不妊治療が含まれています。
このような保険に入れば金額や回数に関するある程度の制限こそあるものの、出費を抑えることができます。
一方で、多くの州では医療保険に不妊治療が含まれておらず、高額な費用を全て自分で負担しなければならないというケースもあります。
このように、アメリカにおける不妊治療は技術が高い一方で、費用も高いのが特徴だと言えますね。

妊活に備える保険って?

ニッセイのシュシュ!

(引用:https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/seiho/shussan/)

皆さん、日本生命の「出産サポート保険・シュシュ」というものをご存知でしょうか。
この保険は、3大疾病である【ガン】【急性心筋梗塞】【脳卒中】による死亡の保障に、出産や特定の不妊治療に対する保障を加えたものです。
不妊治療に関する保険の引き受けが解禁されたことによって誕生したこの保険は、国内の生命保険業界において出産時の給付と特定不妊治療の保障によって、出産を補助する初めての保険でもあります。

 

特定不妊治療に対するケア

出産サポート保険・シュシュは、特定不妊治療に対しても給付金を受け取ることができます。
該当するのは

  1. 体外受精
  2. 顕微授精の治療過程で受けた採卵または胚移植)

これら。
上記の場合は最大で12回まで給付金を受け取ることが可能。
1回目から6回目までなら1回につき5万円、7回目から12回目までなら1回につき10万円を受け取ることができます。
さらに、保険期間満了時に満期一時金を受け取れるのも特徴。
最大で200万円を一時金として受け取ることができます。

 

不妊治療にはどれ位のお金がかかる?

高齢出産のケースが多くなった今日では、およそ6組に1組の夫婦が不妊に対する治療や検査を受けています。
治療費を全て自己負担しなければならない特定不妊治療に対しては公的助成制度こそあるものの、やっぱり負担は大きいもの。

  1. 体外受精なら1回につき約30万円
  2. 顕微授精なら1回につき約40万円

上記の費用がかかるのに対し、助成金は1回につき15万円までなんですよね…。
そのため、これから不妊治療を行おうとしているご家庭にとっては、この保険は大きな助けとなります。
また既に不妊治療を行っている方でも、途中から加入することができるそうです♪

 

出産に対するケア

また、ニッセイのシュシュでは契約期間中に出産した場合に給付金を受け取ることができます。
この出産給付金は、出産回数によって金額が増額されるのも特徴。
具体的な金額は

  • 1人目…10万円
  • 2人目…30万円
  • 3人目…50万円
  • 4人目…70万円

5人目以降はなんと100万円となっています。
また出産給付金の受け取り回数に制限はないので、何人出産しても給付金を受け取ることが可能です♪

 

女性に優しい保険内容!

出産サポート保険・シュシュでは、これらの保障以外にも出産や育児、女性の健康に関する様々なサポートを無料で受けられるという便利なサービスがあります。

 

ウェルネスダイヤルエフ

「ウェルネスダイヤルエフ」というサービスでは女性の専門家に、妊娠や出産に関する悩みだけでなく、婦人科系疾患全般や乳腺疾患、皮膚疾患といった女性の体や健康に関する悩みを無料で相談することができます。
これからの妊娠・出産によって、健康における不安も抱えている女性にはうってつけのサービスです。

ベストドクターズ・サービス

「ベストドクターズ・サービス」では、治療やセカンドオピニオンの取得ができる専門医を無料で紹介しています。
そのためこれから不妊治療を行う方は、より信頼度の高い名医を紹介してもらうことができます。
また、これまで治療を受けていた病院に不満を感じている方も、これによって納得のできる専門医を探し、転院するのにも役立てることができます。

育児相談ほっとライン

妊活を行っている方の中には、不妊治療に成功し無事妊娠・出産した後の育児に関して不安や悩みを抱えている方も多いと思います。
出産サポート保険・シュシュでは、「育児相談ほっとライン」という育児をサポートするためのサービスも受けることができます。
他のサービスと同様、こちらも専門家に無料で相談することができるので、子供の健康や育児に関する悩みにも対処することができます。
不妊治療や出産に関する保障やサービスが充実し、出産後もサポートを受けられる出産サポート保険・シュシュ。
妊活中の方・不妊治療中の方におすすめな保険です♪

まとめ

いかがでしたか?
このページでは、日本の妊活事情や海外の妊活事情を調べてみました。
国によって妊活の発展・普及ぶりは差があるようですが、赤ちゃんを待ち望むプレママの気持ちは皆同じ。
ストレスを出来るだけためないで、妊活や産み分けに取り組んで行きたいものです。

最近の妊活事情とは?関連ページ

不妊の改善方法について
産み分け女の子産み分け男の子絶対的コツラボでは、男女産み分けしたい!と考えている方に成功率の高いコツを教えちゃいます♪排卵日の対策方法など、コツを知っておけば簡単に産み分けができちゃいます。念願の男の子・女の子が欲しい!という夢も叶います。
近年の不妊傾向にはストレスが関係している?徹底分析してみた!
産み分け女の子産み分け男の子絶対的コツラボでは、男女産み分けしたい!と考えている方に成功率の高いコツを教えちゃいます♪排卵日の対策方法など、コツを知っておけば簡単に産み分けができちゃいます。念願の男の子・女の子が欲しい!という夢も叶います。
妊活時の食事はどうするべき?必要な食べ物とは?
産み分け女の子産み分け男の子絶対的コツラボでは、男女産み分けしたい!と考えている方に成功率の高いコツを教えちゃいます♪排卵日の対策方法など、コツを知っておけば簡単に産み分けができちゃいます。念願の男の子・女の子が欲しい!という夢も叶います。