産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

MENU

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功する方法とやり方!

管理人画像

 

子供が大好きな方なら特に、「男の子が欲しい!」「女の子が欲しい!」という気持ちが出てくるのは自然な事かと思います。

 

男の子なら、パパとキャッチボールや運動をして一緒に盛り上がれますし、女の子ならママと買い物したり、料理を一緒に作る事で家族団欒の時間を楽しむ事も出来ます。

 

そこで今注目されている産み分けについて色々ご紹介していきます!

 

産み分けってなに??

出産妊活に興味がある方なら一度くらいは産み分けについて耳にしたことがあるはずです。

 

産み分けとは、文字通り子供を産み分けるという意味であり、両親が希望した性別の子供を生む方法のことです。

 

産み分けをする主な理由は、ファミリーバランスの形成・維持のためと言えます。

 

例えば男の子ばかりだから最後は女の子が欲しい場合、家庭の事情により男の子が欲しい場合などに産み分けは行われる傾向があります。

 

また産み分けを行う際は、しっかりと家族で話し合って行うことをおすすめします。

 

産み分けで最も注意すべきこと

 

男の子・女の子の産み分けで最も注意すべき点は、「産み分けが100%成功するものではない」ということです。

 

もちろん産み分けを実践することで、希望通りの性別を生む可能性・成功する確率は高くなります。
ただ、「絶対希望通りの子が生まれる!成功しないはずがない!」と、過信しすぎてしまうと失敗した時の反動が大きので、そのことだけは注意してください。

 

男の子の産み分けについて【基礎】

 

ここからは、男の子の基本的な産み分け方について、4つご紹介していきます!

 

体温を上げずにセックスする

 

男の子を産み分けるには、男の子の染色体が熱に弱いという性質があるので、お風呂に入ったり体を温めないでセックスをする事です。
女の子に優位な環境を作ることを避け、男の子の精子が優位になるような環境を作る事が男の子産み分けを成功させる為に大事になります。

 

排卵日の日にセックスをする

 

男の子の精子は、まっすぐ早く泳ぐという性質があるため、排卵日の当日にセックスすることで男の子を産み分けらます。
排卵日に精子と卵子が受精するタイミングを見計らってセックスをすると成功に近づくでしょう。

 

膣内をアルカリ性に保つ

 

男の子の精子はアルカリ性に強いという性質を持っています。
女性の膣内がアルカリ性に保たれている状態で射精をすれば、産み分けが成功し男の子を授かりやすくなります。

 

精子の数を増やしてから射精する

 

精子の数を増やす事は、男の子の精子の数を増やすことに繋がるので覚えておいてください。
最低でも5日程度禁欲をすると精子の数が増えるので、そのタイミングでセックスをすると男の子を授かりやすくなります。

 

男の子産み分けで大切な食事

 

管理人

ここからは、男の子の産み分けをするために必要な食事法をご紹介していきます。

男の子の産み分け成功にあたって食事に気を付ける事もとても有効的だとされています。
男の子を授かりたいと思っている人は是非食事に気を付けてみましょう。

 

男の子を産み分けたい場合、女性は、アルカリ性の食事を心がけ、反対に男性は、酸性の食事をすることが大切です。
男の子の精子は、酸性に強い性質があるので、母体の体内をアルカリ性に、男性が食べるものは反対に酸性の食べ物で酸性に傾ける食物を摂るようにします。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

女性が摂るアルカリ性の食べ物は、ピーマン、こんにゃく、海藻、サラダ菜、茄子、ゴボウ、じゃがいも、キュウリ、乳製品等があります。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方
男性によい酸性の食べ物は卵、肉、魚、ほうれん草、トマト、サツマイモ、ミカン等があります。

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方
また、ニンニクは男性の精力を高めるので効果も期待できますし、珈琲もカフェインによって精子が活性化されるという傾向にあるようですので食べ物も産み分けにとって有効的な手段と言えます。

 

ただし気を付けなければならないのは、二人が同じ食べ物を食べない事です。

 

女性は男性のものを食べないように、男性は女性のものを食べないようにと心がけるとよいでしょう。

 

毎日そのような違う食事を摂るというのは難しいと思いますので、排卵日や排卵日近くになったらそのような食事を意識して産み分ける為に部分的に食事法を用いると成功が近づくかもしれません。

 

女の子産み分けについて【基礎】

 

男の子を産み分ける方法とどのような違いがあるのでしょうか?
それでは早速見てみましょう!

 

膣内を酸性に保つ

 

膣内を酸性に保つためには、女性が感じないようなセックスをする必要があります。

 

膣の浅い部分で射精する

 

射精は、女の子の精子の特性を活かす為に、膣の浅い部分で行う事が効果的です。
体位としては、「窓の月」や「締め小股」という体位が浅く射精することができるのでおすすめです。

 

排卵日の2日前にセックスをする

 

女の子を産み分ける場合は、排卵日の二日前にセックスをすることです。
女の子の精子は、泳ぐのは遅いけれど、射精後の寿命は長く二日か三日程度あります。
その性質を活かして女の子の精子が受精しやすい環境を整えてあげましょう。

 

 

女の子を産み分けるのは、男の子を産み分けるよりも一般的に難しいとされています。
女の子の精子は、男の子よりも泳ぐのがゆっくりなため、卵子に辿り着くのが遅いという点あります。

 

女の子産み分けで心がけたい食事

 

女の子を産み分けたい場合に気を付けなければならない事は、男性と女性がとる食事を真逆にする事が大切です。
女の子を授かりたい場合は、女性は酸性の食べ物を摂るように心がけ、男性は逆にアルカリ性の食べ物を摂るように心がけてください。
産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方
酸性の食べ物としては、手っ取り早いものとしてお酢があります。

 

どんな食材にでもお酢をかける事によって酸性の方へと傾きやすくさせるので安易に摂取しやすいのでおすすめです。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

酸性の食べ物は、卵、肉、魚、ほうれん草、トマト、サツマイモ、ミカン等があります。

男性は産み分けに関わる期間に女性と同じものを食べるのは避け、アルカリ性に傾くように食事に気を付けましょう。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

アルカリ性のものは、ピーマン、こんにゃく、海藻、サラダ菜、茄子、ゴボウ、じゃがいも、キュウリ、乳製品等です。

 

産み分けと排卵日の関係について

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

ここからは産み分けと排卵日の関係についてご説明します。
産み分けをするにあたり排卵日は非常に重要になります!

 

それは男の子の精子女の子の精子よりも寿命が短いためです。
そのため排卵日より前に産み分けに挑戦しても卵子に到達する前に精子が死んでしまいます。
精子の寿命は、男の子の精子が1日女の子の精子が2〜3日と言われています。

 

管理人

男の子の産み分けをする際は、精子の寿命の関係から排卵日に近い時にやることが大切となります。
女の子の産み分けをする際は、排卵日よりも前にやることが大切になります。

 

排卵日を知るためには?

産み分けは、排卵日が大切とお伝えしました。
ここでは、排卵日を知るための方法をご紹介します!

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

1つ目の方法は生理が始まった日と終わった日等を入力するだけで、排卵日を自動計算できるサイトやアプリがあります。
これを使用することで排卵日を簡単に知ることができます。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

2つ目の方法としては、排卵検査薬を使用する方法があります。
排卵日検査薬は、排卵日直前に女性の黄体化ホルモンが急上昇するのを利用して、尿中の濃度を測って排卵日を予測するというものです。

 

産み分けでは、排卵日を割り出す自動計算である程度の日程を押さえてから検査薬を使用すると産み分けの確率をあげることができます。

最も妊娠しやすい時期というのは排卵日の3日前から3日間ととても短く、妊娠するタイミングでセックスをすると男の子や女の子の産み分けを成功させることが出来ます。

 

排卵検査薬の使い方【下準備編】

まず排卵検査薬を使用する前に下準備が必要となります。
下準備は2つあるのでしっかり準備しましょう!

 

1つ目は、生理周期をしっかりと把握することです。

排卵は生理予定日の14日前から起こることが多いため、カレンダーなどで生理周期を知っておく必要があります。
そうすることで排卵日を把握することができます。

 

2つ目は、おりものの状態を知ることです。

排卵日のおりものと、そうでないおりものには、違いがあります。
排卵日の場合は伸びのあるおりものが出て、そうでない場合は粘りのあるおりもの・サラサラのおりものが出ます。
おりものもカレンダーなどに書くといいかもしれません。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

排卵日検査薬は、サラサラのおりものがではじめるタイミングで使用します。
このような下準備ができたら、排卵検査薬を使っていきましょう。

 

排卵検査薬の使い方【実践編】

ここからは実際に排卵検査薬を使用する方法と注意点をご紹介します。

 

まずはじめに毎日決まった時刻に排卵検査薬を使用するようにしてください。
使用時刻が毎回違うと正しく判断できない場合があります。
おすすめは、毎朝か毎晩です。

 

次に排卵日が近づいた時は、朝夕2回検査することを心がけてください。
排卵検査薬は、100%正確ではないので、チャンスを逃さないためにも朝夕2回検査しましょう。

 

最後に排卵検査薬を使用する期間は、陽性から陰性反応が出るまでです。
陽性から陰性に変わった日付は、しっかりとカレンダーにつけておきましょう。

 

排卵検査薬で陽性が出たらすぐにセックスをすることで産み分けのタイミングを見計らう事ができます。

 

しかし、排卵検査薬や排卵日自動計算アプリを使用してもなかなか望んだ子を授かるのは困難です。
たとえば、前述したように女の子の産み分けの場合は、排卵日の2日前にセックスをしないといけないので、排卵日がきてからでは手遅れです。

 

そこでここからはより正確に望んだ子を産み分ける方法をご紹介していきます!
これで産み分けで困難とされている、女の子産み分けもできるようになります。

 

産み分けを正確に行うためには?

産み分けは100%成功するわけではありませんが、実際に産み分けに挑戦して、成功している事例はいくつもあります。

 

ここでは、産み分けをより100%の成功に近づけてくれる方法が3つあるのでご紹介します。

 

着床前診断
中国式カレンダー
産み分けゼリー

 

それではそれぞれの方法がどのようなものなのか、詳しくご紹介していきます。

 

着床前診断

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

・メリット
着床前診断とは、イギリスにて1990年に公表されて以来、実施されているものであり、世界中で主要に行われている医療技術の一つです。

 

受精卵が卵巣に着床する前に受精卵の染色体や遺伝子を検査することで、男女どちらであるか確かめることができるというものです。

 

着床前診断によって染色体変異による流産の回避が可能です。

 

また性別判断によって伴性遺伝疾患を見つけ回避する目的として実施されており、遺伝子そのものの変異を出産前に知っておくことができるのが着床前診断です。

 

・デメリット
人工的中絶を選択する事にもつながる為、宗教や倫理において議論も絶えない問題の一つでもあります。

 

また、現在日本では日本産婦人科学会によって着床前診断の禁止されています。

 

しかし、アメリカ、ヨルダン、イスラエルやその他特定の国において着床前診断は規制がなく、一般的に実施されています。

 

ファミリーバランシングの為に行う人も多く、日本人であっても着床前診断を目的に禁止されていない国に行って着床前診断を受ける人も沢山いらっしゃいます。

中国式産み分けカレンダー

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

 

・メリット
中国式産み分けとは、今から700年以上前に中国の王宮で科学者達が男女の出生記録を統計にしてまとめたカレンダー表のことです。

 

中国式産み分けのメリットは、統計表なので信ぴょう性があるところと一目で男女が生まれるかわかる点です。

 

・デメリット
デメリットとしては、中国式産み分けカレンダーは、希望する性別が生まれる月のみセックスをするということです。

 

女性は、年齢を重ねるにつれ妊娠する確率が下がっていきます。

 

そのため希望する月のみセックスすることは、自ら妊娠のチャンスを下げてしまうということになります。

 

また、成功確率90%と言われているが根拠がない点、多くの方が失敗していることが挙げられます。

産み分けゼリーとは?

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

 

・メリット
産み分けゼリーのメリットしては、科学的根拠をもとに膣内の状態を酸性・アルカリ性に傾けることができる点です。

 

着床前診断や中国式産み分けカレンダーと違い、膣内の環境に直接影響を与えるので産み分けが成功する可能性は高いと言われています。

 

また使用法もとても簡単でジェルを膣内に注入するだけで産み分けができるので、妊活中の女性にも注目されています。

 

・デメリット
産み分けゼリーのデメリットとしては、ゼリーを注入するという行為で自然なセックスができなくなるという人もいますし、シリンダーを注入するという行為自体が手間かかるので、注入すると時間が経ってしまってセックスの気分ではなくなってしまうこともあるようです。

 

管理人

この3つの方法のうち科学的根拠に基づき行われてる産み分けゼリーは、着床前診断や中国式産み分けカレンダーよりも効果的な産み分けができると言えます!


産み分けゼリー効果が高いからおすすめ!

産み分けゼリーは、着床前診断とは違い日本国内でできる点と中国式産み分けカレンダーと違い、期間を選ばない点で先程ご紹介した他の2つの方法より優れていると言えます。

 

人工的に膣内環境を変えることができるため、産み分けの成功確率も他の産み分け法に比べ格段に高いです!

 

そのため産み分けを検討中の方には、産み分けゼリーがおすすめです。

産み分けゼリーよる男の子と女の子の産み分け方の違いは?

産み分けゼリーによる男女の産み分け方は、女性の膣内環境と深い関係があります。

 

膣内のpHは、普段酸性に傾いているのですが、酸性の間に精子と卵子が受精すると男の子が生まれ、逆にアルカリ性に傾いた時に受精すると女の子が産まれるとされています。

 

女性があまり感じていない場合、膣内は酸性、感じている場合は、アルカリ性と一般的に考えられています。

 

しかし個人でセックスの最中にpHがどちらに傾いているかということを厳密に測る事は難しいでしょう。

 

そこで強制的に膣内環境を酸性またはアルカリ性に傾けられる産み分けゼリーを使用することで、確実に男女の産み分けを行うができるのです。

 

PH画像

 

pHとは、酸性やアルカリ性にどれだけ傾いているかを表す指標のことです。

どの産み分けゼリーがより正確に産み分けできるの?

産み分けゼリーを使用することで、より100%に近い産み分けを実現できることは、わかったと思います。
ここからは、産み分けゼリーの中でも効果が高いとして知られている
ピンクゼリー(左)と
ハローベビー(右)
という産み分けゼリーをご紹介していきます。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方  産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

ピンクゼリーとハローベビーはどちらも産み分けゼリーとしては、とても有名ですが、2つの産み分けゼリーには大きく違う点があります。

 

例えばピンクゼリーの使用方法は、膣に注入する前にシリンダーの中身を40度〜50度位に温めて後、膣内に注入しなくてはいません。

 

一方でハローベビーは、開封後すぐにタンポンのように直接膣内にゼリーを注入することができます。

 

どちらにおいてもセックスの後はお風呂等に入らず安静に眠る事で妊娠の確立を高めます。

 

このように一口に産み分けゼリーと言っても様々な違いがあるので、自分にあっている産み分けゼリーを使用することが大切でしょう。

 

ここからは人気の産み分けゼリーピンクゼリーとハローベビーの比較表口コミをみていきましょう。

 

ピンクゼリーとハローベビーを比較比較した結果!

産み分けを検討している家庭において、安心できる産み分けゼリーを使用することは誰でも望むことです。

 

ここでは産み分けゼリーとして有名な2社のブランドを徹底比較したいと思います。

 

1社は産婦人科で知られている杉山産婦人科が販売するピンクゼリーというものです。
そして、もう一方は、ネオサイエンス社が発売するハローベビーという商品です。

 

どちらの商品も男の子用と女の子用とに分かれて発売されています。

 

比較項目 ピンクゼリー ハローベビー
商品画像 産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方 産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方
価格 15,000円(商品、10,000円・会員登録費、5,000円) 10,000円
製造国 中国 日本
成分表示 成分非公開 成分全表示
衛生面 シリンジの再利用 完全個別包装の使い切り
使い方 湯煎をしてゼリー状の物体をシリンジ注入 袋から出してタンポンの要領で使用
販売元 杉山産婦人科 ネオサイエンス社
公式サイト なし >>公式サイトはこちら

 

比較表補足事項

・価格について
ピンクゼリーは産婦人科の受診が必要であり、入会金を支払わなければならないのに対し、ハローベビーは入会金はなくインターネットのサイトにて簡単な手続きで入手が可能です。

・製造国、成分表示について
1社目のピンクゼリーは中国産、2社目のハローベビーは日本国内です。

 

ピンクゼリーは、中国産の上に成分が表示されていません。

 

最近中国製品は、何かと危険が多いので購入の際は責任を持って購入するようにしてください。

 

一方でハローベビーの製造はすべて日本国内で行われており、成分表示に関しても全て表記されていますので、安心して購入することができます。

・衛生面について
ピンクゼリーのシリンジは洗って使用するのに対し、ハローベビーは一回ずつ使い捨てタイプのシリンジとなっています。

 

ゴミが出るので環境的には使い捨てではない方が良い気もしますが、細菌などの感染症を考慮するとデリケートゾーンに使用する器具なので使い捨ての方が衛生的です。

 

2社の有名産み分けゼリーを比較しましたが、現段階では明らかにハローベビーの方が優れている点が多いです。

 

ハローベビーは、日本国内生産という点においても衛生的であり、徹底された衛生管理と信頼性があるのではないでしょうか。
産婦人科で受診しなければ貰えないピンクゼリーは、成分内容が非公開のため少しあやしい印象を受けます。
ピンクゼリーよりも値段も安く手に入りやすいのも購買し易いといのも決め手ですので、産み分けゼリーを購入したいと考えている方にはハローベビーを是非おすすめしたいです。

 

ハローベビー公式サイトボタン

 

ピンクゼリーとハローベビーの口コミ・評判

ここからは、男の子と女の子の産み分けを検討中でピンクゼリーハローベビーのどちらを使用するべきか悩んでいる人のために、実際にピンクゼリーとハローベビーを使用した人達の口コミと評判をご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

 

それでは早速みていきましょう。

 

ピンクゼリーの口コミ一覧

 

口コミ画像

効果がなかったです。(30代女性)

 

ピンクゼリーを使用したのですが、あまり効果を感じませんでした。
使用した後になって中国製と知って少し不安になりました。

 

 

口コミ画像

産み分け成功!(20代女性)

 

はじめての産み分け挑戦で希望通りの子供を授かりました!
ほんと嬉しかったです!

 

 

口コミ画像

2回で使うのやめました・・・。(20代女性)

 

2回使ってみたものの全く効果を感じなかったから使うのやめました・・・。

 

 

口コミ画像

不審な点が多いと思いました。(40代女性)

 

高齢出産ということもあり、自分の望みの子が産めるピンクゼリーはとても魅力的でした。
でも結果は違う性別の子が生まれました。

 

産み分けに熱中するあまり気付きませんでしたが、ピンクゼリーの内容成分が分からない点や中国産というのは、今考えるとかなり怪しいかもしれませんね。
効果がもともとない可能性もあったかもしれません。

 

 

口コミ画像

いちいち手間が掛かる(30代女性)

 

湯煎しないといけないのが手間。
Hのムードも台無になる。

 

ハローベビーの口コミ一覧

口コミ画像

1回の使用で希望のしてた子供が生まれました!(20代女性)

 

以前ピンクゼリーを使用したのですが効果がなかったから諦めていました。
でも、ハローベビーを使用したら1回で女の子を授かりました!

 

 

口コミ画像

やっぱり日本の製品はすごい!(30代女性)

 

初めて産み分けをしてみたところ2回目で成功!
日本の製品はすごいなと思いました!
是非試してください(*゚▽゚*)

 

口コミ画像

希望してた子は生まれなかった・・・。(30代女性)

 

友人の勧めでハローベビーを2回使いました。
でも希望の子は生まれなかったです・・・。

 

 

口コミ画像

安全性ならハローベビー!(20代女性)

 

ハローベビーは他のグッズと違って1つ1つが小分けだから使いやすいし、衛生的だと思います。
ちょっと高いけど使う価値ありです!

 

 

口コミ画像

すこし高いと思いました。(40代女性)

 

産み分けグッズ自体が高いのでそれほど気になりませんでしたが、5000円でできたら嬉しかったです。

 

 

ハローベビー公式サイトボタン

 

先程の比較表や口コミからもわかるようにハローベビーは、ピンクゼリーよりも人気なうえに産み分けの効果が高いようです。

 

産み分けゼリーを購入するならハローベビー!

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

管理人画像

比較表や口コミからもわかるようにハローベビーがピンクゼリーよりも効果的で安全に男の子と女の子の産み分けを行うことができると言えます。

 

ここからはハローベビーについてより詳しくご紹介していきます!

 

まずはじめに、以前では産婦人科で処方してもらわないと手に入らなかった産み分けゼリーですが、ハローベビーは、インターネットで購入できるので非常に手軽に購入することができます。

 

今までの多くの産み分けゼリーは、成分内容が不明だったのに対し、ハローベビーは成分が明らかなうえ、国内産なので安心安全に使用していただけます。

 

その証拠にハローベビーは、皮膚刺激性試験・眼刺激性試験・急性口毒性試験という試験に合格しました。

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

安全試験テストの厳しい基準も全てクリアしているので副作用などもなく、安心して使用できます。

 

ハローベビーは衛生的で使いやすい!

 

産み分け女の子産み分け男の子コツラボ|成功法とやり方

 

ハローベビーは、使い切りタイプなので非常に衛生的であり、使用方法についてもタンポンのようにジェルを膣内に注入して完了する手軽さです。
また、ハローベビーは、膣内を傷つけない工夫としてジェルが放出する先端分に丸みをつけているのが特徴です。

 

男の子女の子の産み分けで悩んでいる方は、一度ハローベビーを使用してみてはいかがでしょうか。

 

ハローベビー公式サイトボタン

 

ここからは実際にハローベビーを使用した人の体験談をご紹介していきます。

 

ハローベビー体験談

はじめまして。私は29歳で、専業主婦をしている美紀と言います。
イクメンのパパと、もうすぐ3歳になる男の子と暮らしています。
2人目が欲しいなと思うようになり、次はやはり可愛らしい女の子がいいなとパパと話していました。

 

でも、女の子が欲しい!と思っても、実際に産み分けが出来るのか?
実際に皆さんはどのように産み分けに挑戦しているのか調べたところ、面白いものを見つけました。
それがハローベビー潤滑ゼリーでした。

 

この「ハローベビー潤滑ゼリー」を使用するだけで、女の子の産み分け成功率が約80%もあるそうです。
しかも、この「ハローベビー潤滑ゼリー」なら日本製で、試験結果もホームページに載せている程、安全性には徹底されています。

 

また、男の子産み分け用の『ハローベビーボーイ』と女の子産み分け用の『ハローベビーガール』があるようです。

 

最初は、値段が高いと感じたので「絶対に嘘でしょ・・」と思いました。

 

パパと話し合った結果、「まぁ試しに1箱ハローベビーガールを購入してみよう」となりました。
あまり産み分けにとらわれず、「女の子ができたらいいなぁ」くらいの感覚で、ひとまず1本使用して様子見る事にしました。

ハローベビーガール画像

 

今では、この時買ってみて良かったなとホントに思っています!
私も自分が実際に使って実感するまでは、やっぱり他人の意見は嘘くさく感じてました。

 

ハローベビーガール画像

 

手のひらに液体を出したかったのですが、空気に液体を触れさせたくなかったので参考画像を変わりに載せます。

 

見た目は、タンポンを少し長くした感じで、普段タンポンを使用しない私にとっては少し不安でしたが、いざ使用してみると、すんなり出来ました。
しかも、潤滑ゼリーが中に入った感覚があまりありませんでした。

 

「こんなんで本当に産み分けが出来るのかな?」と実際不安になっていました。

 

パパにも「あんなの願掛けみたいなもんでしょ!」と言われ、私自身も確かに「こんなので産み分けれたら、流石におかしいか!」とハローベビーのことを考えないようにしてました。
それから妊娠が発覚して、女の子か?男の子か?を先生に聞いてみた所・・・
「女の子の可能性が高い。」と言われました!!

 

正直、え!?ホント!?って焦ってしまいました。実際にハローベビーを使用してみたらわかるのですが、「こんなのでホントに産み分けが成功するの?」って疑問を持つと思います。
ただ、先生から「女の子の可能性が高い。」と言われてから、ハローベビーガールの凄さに驚かされました。

 

そして、ハローベビーガールが女の子の産み分け成功率約80%以上あることも少し納得できました。

 

もしかしたら、私の運がいいだけだったのかもしれませんが、私はハローベビーガールを使ってみてよかったと今では思っています!
子供はすくすく育っています!

 

あかちゃん画像

 

産み分けって出来ないかと思っていたので、更に嬉しさ倍増です!
あとは、健康で元気な女の子が生まれてきてくれる事を祈っています。

 

ハローベビー公式サイトボタン

 

産み分けを考えるなら

管理人画像

最後に産み分けで大切なことは、

しっかりと夫婦で話し合い、決めることです。

 

旦那さんや奥さんの片方だけの希望では産み分けを成功させることは難しく、互いに理解して成功させるという意思がとても重要です。

 

子供が欲しくなってきたら男の子と女の子、どちらの性別が欲しいか、産み分けをしたいのか、したくないのか、自分達が育ってきた環境や現在のファミリーバランシングなども大きく影響し、二人でよく話し合った上で産み分けに励む事です。

 

そして産み分けを希望されるなら日本製のハローベビーがおすすめです。
産み分けに挑戦したい方は、是非ハローベビーを使用してみてください。

 

ハローベビー公式サイトボタン