産み分けは何故注目されるようになった?子供の健康を考える

MENU

産み分けは何故注目されるようになった?子供の健康を考える

産み分けが根付いた理由とは?

産み分けが最初に注目されることになったのは、現在多くの方々が求められているきっかけとは若干異なります。
以前の目的と現在の目的のどちらも、夫婦の希望を叶えるためのものであることは間違いありませんが…。
ここでは、産み分けの元々の目的を調べていきます。

 

産み分けは、男女の産み分けがそれぞれできるようになっています。
今ではその確率は100%ではないものの、かなりの高確率で希望の性別を産み分けることができるようになっています。
でも、「その技術は本来子供の健康のためを思ってのものだった」ということを知っておくべきかもしれませんね。

 

産み分けによって子供を守る

元々産み分けを行う目的としては、伴性遺伝による子供へのデメリットを最小限にするためとされていました。
それが、現在では最後の子供だからというコンセプトで、夫婦の強い性別の希望を叶えるためにも利用されるようになっています。

 

伴性遺伝ってなに?

男子・女性であらわれ方の異なる遺伝現象です。
遺伝現象は、性別を決定づけるのに関わる「性染色体」と言う染色体に深く関係しています。

男の子を産み分けることによって防ぐことができる障害は、色盲です。

色盲があらわれる場合とは?

父親が色盲の場合、孫の世代に色盲の要素が関係してしまう可能性が高いんですね。
孫の世代に関係する上記の場合は、父親が色盲であり、その子供が女の子、その女の子が子供を産み、その子が男の子である場合が該当するようです。


上記のように書いてあると、限りなく可能性が低いように思うかもしれませんが、こうしたリスクを未然に防ぐためには、女の子を産み分けることが有効とされているんですね。

 

ほかにも、血友病は女の子を産み分けることによって、その子が血友病を発症するのを抑制することができます。
ただし、50%の確率で血友病の遺伝子を有している可能性があるので、その後も子供の産み分けを考える必要があります。

  • 筋ジストロフィー
  • 夜盲症
  • などの病気も、同じような形で回避することができると言われています。

     

    現代の産み分けについて

    昔の産み分けとは違って、現在は夫婦の希望というのが産み分けを実践するかしないかを分けています。
    晩婚化が進み、子供を産むというチャンスもかなり狭くなっているカップルが増えています。
    少ないチャンスで確実に赤ちゃんを授かりたい!と言う気持ちが、現在の産み分けを促進させているんですね。

     

    勿論、跡取りなどの関係を踏まえて、男の子の産み分けを行いたいご夫婦もいらっしゃいます。
    このように、昔は子供の健康面に配慮して行われていたのが産み分けですが、現在はそう言った理由が無くても、夫婦の強い希望が反映されているというのが特徴的です。

    産み分けは何故注目されるようになった?子供の健康を考える関連ページ

    産み分けは体に負担がかかるの?
    産み分け女の子産み分け男の子絶対的コツラボでは、男女産み分けしたい!と考えている方に成功率の高いコツを教えちゃいます♪排卵日の対策方法など、コツを知っておけば簡単に産み分けができちゃいます。念願の男の子・女の子が欲しい!という夢も叶います。